TravelBlog

旅行など

鳥取のパイナップルケーキを買ってみた!

新宿のルミネ1地下の入り口にある小さな催事スペースに目が止まる。(京王新線の改札正面のエスカレーター側から入る地下)

そこには鳥取から来たパイナップルケーキなるものがありました!定員さんに聞いたところ、オーナーさんが台湾の出身らしい。また、外箱にシールが貼ってあったが、2018美食女子グランプリなるものの金賞受賞らしい。

f:id:resortlovermay:20190224134643j:image

買ったあとに知ったのだけど、台湾の定番パイナップルケーキに鳥取県産の20世紀梨を加えたオリジナルスイーツなんだそう。試食がつい美味しくて買ってしまったのだが、こんなストーリーがあったなんて、食べてみてサッパリするのはこの梨のおかげなのかもしれないな!あまり名産がないといわれる鳥取らしいので、これを全面に出すともっと良いのになと思いました!梨を入れてみたら美味しかったというお話なのですね。

f:id:resortlovermay:20190224134717j:image

パッケージはかわいらしい!開けてから品物にたどり着くまでストーリーがあって楽しい。そんな話も買うときにもっと分かれば楽しいのにな!f:id:resortlovermay:20190224134828j:imagef:id:resortlovermay:20190224134845j:imagef:id:resortlovermay:20190224134926j:image

3月4日(月)まで催事はやっているそうです。明るい定員さんがいらして試食もあり、パイナップルケーキ好きの方は新宿に立ち寄る機会があれば覗いてみるのも楽しいかもしれませんよ!5個入りで1,300円くらいだったと思います。ミニマムは3つ入からでしたが、個数により単価は変わらないようでした。新商品のブルーベーリーケーキの試食も頂きました。チョコの生地に包まれていたけど、ブルーベリーとの味があまりピントこなかったな。ですが、銘菓白い恋人のようにダブルで梱包されているともっと楽しいお土産になるのかな、なんて勝手に思ったりしました。

早速お茶やコーヒーと一緒におやつで頂きました。優しい甘さで、台湾のぎっしり感のそれとは異なり、罪悪感は少ないように感じるの私だけでしょうか?

f:id:resortlovermay:20190224135654j:image
f:id:resortlovermay:20190224140421j:image

鳥取県からきた珍しいパイナップルケーキのお話でした!