TravelBlog

旅行など

バンコクエアウェイズのラウンジ

バンコクスワンナプーム航空にある、バンコクエアウェイズのラウンジのレポートです。

タイ航空と異なり、バンコクエアウェイズはどのシートクラスでもラウンジの利用が可能です。

そして他社との共同運航便であっても運行がバンコクエアウェイズだと利用が可能です。

チケットをラウンジ入り口で提示します。

かわいいクマさんがお出迎え!ブルーを貴重にポップなイメージです

f:id:resortlovermay:20180914083105j:image


f:id:resortlovermay:20180914083128j:image

フードの種類は沢山ないけど、ありがたいサービス!

f:id:resortlovermay:20180914083312j:image
イカレー味のパイやサンドイッチ
f:id:resortlovermay:20180914083216j:image

ミニサイズのマフィン
f:id:resortlovermay:20180914083227j:image

バナナの葉に包まれたもち米の黒豆、バナナの入り蒸し物。タイに来た気持ちになります。
f:id:resortlovermay:20180914083957j:image
バンコククッキーのようなそれ、おいしい!
f:id:resortlovermay:20180914083238j:image

レモングラスジュースはスパにいるような良い香り。でもとても甘く、これがタイらしい!
f:id:resortlovermay:20180914083254j:image

カプチーノエスプレッソがマシンから飲めます。お水はその横にありました
f:id:resortlovermay:20180914083307j:image

f:id:resortlovermay:20180914083341j:image

今年50周年のバンコクエアウェイズ
f:id:resortlovermay:20180914084505j:image

今回は国内線を別切りのチケットにしてサムイ島まで移動。国際線からの乗り継ぎは3時間あれば良さそうです。朝の時間はさほど混んではいませんでした。

チケットが別切りの場合は荷物はスルーで最終目的地には行かないので、バンコクで荷物の受け取りをし、国内線にチェックインし、荷物を預ける必要があります。

サムイ島行のタイ航空が運行する便は今年の9月2日にサービスを終了したようですね。残念です!
バンコクエアウェイズは日本航空マイレージが積算できます。

イタリア旅行でのパスポート管理やセカンド財布について(スリ対策おすすめ商品)

イタリア旅行の際に買ってみた、100円ショップ「Can☆Do(キャンドゥ)」のパスポートポーチ。

f:id:resortlovermay:20180830094348j:image

f:id:resortlovermay:20180830094414j:image

一緒に行くメンバーが変わるとその分、色んな情報も集まったりして。そんな中、話題に上がったのはイタリアのスリ問題!

このパスポートポーチがあれば、海外に出ると命の次に大切なパスポートの自己管理、現金の分散持ちができ、安心です!

パスポートポーチはデパートの旅行専門売り場や東急ハンズなどでも探しましたが、どれも意外と値段がして大ぶり。これは同様にたすきがけもできる長さがあり、ストラップの調節もでき、作りも優秀。薄型で使い勝手がとても良いものでした。

ちなみにDAISOにはこのタイプはなかったですね。

大きさはパスボート大。パスポートを入れる箇所はマジックテープ式。
f:id:resortlovermay:20180830095620j:image

チャックがついている箇所のポケットは、小銭やお札を折りたたんで入れたり。クレジットカードサイズのカードは縦にも横に丁度入り、5枚以上のスペースはありました。

f:id:resortlovermay:20180830095710j:image

裏面はフラット。

f:id:resortlovermay:20180830100038j:image

だが、イタリアに行けば西洋人の観光客はふつーにバックパック背負って歩いているし、気にし過ぎなのは日本人だけのような気もしますが、用心に越したことはありません!スリで有名といわれるパリなどに行かれる方も心配な方はご検討されてみては?

人にもよりますが、ヨーロッパなんかは何日かするとこんなのいらないかぁと持たなくなる人もいましたが、ここは自己責任!それからパスポートって基本、旅行中の外国人は携帯義務があるそうですよ。イタリアはホテルのセーフティーボックスも安心とはいえないなんて聞きますね!高級ホテルだとそんな心配もないのかもしれませんが、イタリアは特に何もしてくれないと聞きますね。

たとえこれを持っても自己責任ですが、薄型でゴロつかず、安いのにストラップが長く、調節もでき、縫製もシッカリしてますので、洋服の下にも上手に入れることができました。そしてホテルのセイフティーボックスにはストラップを本体にクルクルとまるめて、入れやすかったです。

私はこれまでイタリアやフランスやその他ヨーロッパ諸国でこのような物を持ったことはありませんでしたが、今回とても便利だと感じました。高いパスポートポーチを買って実際はあまり持たなかったな、もったいなかったなと感じない商品だと思いました。

お子さんの修学旅行なんにも良いんじゃないでしょうか。そしてミニマリストの方にもオススメ!もう外出はこれだけでも出来るんじゃないかなと思うほどでした!大げさかな?

私もインターネットからこの情報を得て購入してみましたが、実際に利用した感想を書きました。Can Doさんにもなんだか感謝してしまいました!

 

でも最後に…狙われないこと…イタリアも堂々と歩こう!ネットなどではたくさんの情報があり、読んでいるときりがありません。過度な心配は無用です。

 

 

 

長野県松本のお土産 おすすめ情報

松本には沢山のお土産がありますね。長野県全体ではその数も膨大!たかがお土産、されどお土産。相手に気を使い、いらないよぉ〜などと言っても、まずいものをもらっては正直あまり嬉しくないときもありますよね!

そんな中、こんなの知ってるよ〜と言われそうですが、私のおすすめをご紹介したいと思います。

1. 洋菓子屋マラムラの天守石垣サブレ

どこが石垣なのかあまり分からない丸いシェイプのクッキー!箱に1時間ほど冷やしてから食べると美味と紹介があり、その通りにやってみたが、ほんとに美味しい!クッキーにマカダミアナッツが入っているようで香ばしく、サンドのクリームにマッチしていて美味しい。箱に松本城常念岳がイラストされ、これぞ松本のお土産といった風です。昔あったマクビティーの小麦胚芽入りのクッキーや、クリーム玄米ブランのサンドが好きな方にはとてもマッチし、食べたらうんコレコレと必ずやわかると思います。マサムラは地元松本で昔からあるお菓子屋さんなんですよ。

f:id:resortlovermay:20180731095454j:image

f:id:resortlovermay:20180731095512j:image

2. 白樺の大地

大昔からは無いけど、人気だと思うこのお菓子。クランキーチョコやキットカット好きな方には特に好みだと思う、白樺を形どったチョコ菓子!リーズナブルだけど、たくさん入っていてビジュアルもよいので、会社のお土産にご自由にどうぞなんて付箋に書いておいておけば、数時間でソールドアウト!まずいとずっと残されてしまう、お土産選手とは違うのです!
f:id:resortlovermay:20180731103046j:image
3. 雷鳥の里
最後に超〜定番な「雷鳥の里」。2番目もそうですが、長野県のどこに行ってもあるこのお菓子、そう長野県のお土産の定番中の定番なんです!会社のお土産で置いておくとすぐにみんな取っていってくれる逸品なんですよ!

f:id:resortlovermay:20180731103456j:image

迷ったら2か3。特に会社向きで大人数に配る際にも大箱があり、オススメ!

1はここ数年のものだと思うし、箱がしっかりしているので程よい高級感もあり、喜ばれると思う。

お土産売り場で笑ったのは、パクリ商品の「白い針葉樹」で、あの白い恋人にパッケージもそっくり!あと、雷鳥の里の近辺には雷鳥の卵、雷鳥のふところなんて商品もあり、思わず笑ってしまう物もあり、楽しいですね!

松本てまりのバームクーヘンも食べたことがあるけど、なんだかイマイチ。シリーズの中にはあの、ねんりんやのマウントバームのマネをした商品もあったけど、本物にはかなわないと思ったな。

意外と悩むお土産選びの後押しになると幸いです!ここに書かせてもらった、お土産売り場として紹介したのは、松本駅エスカレーターを上がった待合室の横にある、MIDORI松本 NewDays松本銘品館さんです。

実はここに書いた待合室に日傘を忘れてしまい、NewDays松本銘品館の店長さんにとてもお世話になったことがあります。おかげさまで近くのJRで手続きすることができ、自宅で受け取ることができました。お電話でお礼をしたいのですが、お忙しい中にご対応頂くことが申し訳ないので、お店の宣伝も兼ねてこちらに失礼させて頂きました。松本の方の暖かさを感じるものでした!本当にありがとうございました!また必ずおじゃまいたします。

スーパーあずさ新型車両E353系に乗ってみた感想

松本から乗車してみました!新しい車両がホームに入線!以前と比べると正面からみた感じが、なんだか縦長で近未来的な色合い。宇宙にでも飛び立ってしまうんじゃないかと思うくらいでした!言い過ぎかな?

車内の仕切りの自動ドアはスタイリッシュで、この後なかに入るのがのが楽しみになる感じ!ワクワクします。

f:id:resortlovermay:20180731085145j:image

これまではなかった、荷物置き場が手前に設置され便利に。スーツケースなど置けるようになってました。ヨーロッパでは車両の外にあったりするので少し安心感は違うかもしれせんね。
f:id:resortlovermay:20180731085243j:image

シートはこれまでより足元が広くなった感じ。実際乗って疲れ方が違うような気もしました。
f:id:resortlovermay:20180731085257j:image

枕は上下にスライドでき、飛行機の座席のよう。
f:id:resortlovermay:20180731085322j:image
個々の座席には電源もありました。
f:id:resortlovermay:20180731085851j:image
8月1日からの車内販売のカフェメニュー。行きより自分好みの美味しそうなもの。メニューは毎月異なることを知りました。信玄餅のどら焼きは冷たいもののようで、この時期はとても良いと思いました。
f:id:resortlovermay:20180731085936j:image
今後は全てこの車両になっていくのでしょうか?これまでの素朴な車両デザインも無くなるのかなと思えば寂しい気持ちもあります。時間帯により間引きで残ると良いなと思ったりしました。

f:id:resortlovermay:20180731093119j:image

あずさのオススメ座席は往復ともにDの窓側。甲府盆地や富士山、諏訪湖が見えます。時間帯によっては日差しが当たります。

日差しを避けたければおすすめ側は、朝9時くらいに新宿を出発する際はAB側、松本から15時くらいに出発の際もAB側がオススメ。

夏の時期ですが、参考になれば幸いです。

また、窓に柱がかからなく、よりワイドに感じるのは、新宿発の下りは奇数席、松本からの上りは偶数席です。基本情報で場合によっては車両により異なることが稀にあるそうなのでご注意ください。

特急あずさの車中にて

スーパーあずさに新型車両が導入されたらしい。揺れにくく、シートも広くオススメのよう。でも今日乗るのは普通のあずさ。

f:id:resortlovermay:20180729105815j:image

新宿駅の駅弁屋でかわいらしいおにぎりセットを買い、なんだか懐しい気持ちになる。母親が昔に作ってくれたお弁当のようでおいしい!お値段500円。

f:id:resortlovermay:20180729104156j:image

車内のワゴン販売でデザートにコーヒーセットなるものを頼んでみた!チーズケーキは信州産クリームチーズに信州産リンゴのジャムを練り込んだフィナンシェとあったので喜んでオーダーしたが、とってもイマイチ!コーヒーは普通に美味しく、ホッとした。

ケーキは美味しいのを出せばもっとあずさの格が上がるのにな!新型車両導入したことなので見直して頂きたいなぁ〜。

f:id:resortlovermay:20180729104434j:image

のどかな車窓からの風景をしばし楽します!

新宿から50分も行くとこんな風景に感動!米畑がきれいですね。ここは八王子の先、山梨の県境くらいなのかな?
f:id:resortlovermay:20180729104616j:image

山梨に入ると果樹園が沢山見えてきます。桃のピンクが車内からちらりと見てるとワクワクします。ぶどう畑もあちらこちらに!

f:id:resortlovermay:20180729104632j:image

f:id:resortlovermay:20180729104412j:image

不思議な経路をたどる今回の台風。なので、今日は台風一過とはならないようです。

松本はどうでしょうか?

 

表参道のシックな雑貨屋さん「 Søstrene Grene(ソストレーネ グレーネ)」

表参道を歩いていたら何屋さんがわからない、ひっそりとしたお店に出会いました。調べてみると、デンマーク発の「ソストレーネ グレーネ」という、2016年10月にオープンしたお店でした。
f:id:resortlovermay:20180716145442j:image

表参道から入った路地にある2階建ての売場にはキッチンからインテリア、ギフトグッズまで幅広い品揃え。TIGERのように店舗は広くはありませんが、経路が決まっていてグルッとひと通りまわらないと、レジや出口に行けないレイアウトになっていました。

価格は100円~500円程度が中心で、中には100円以下のプチプラ商品も。コットン糸や手芸キットなどのクラフト用品もありました。

色とりどりの毛糸は目にも鮮やか、ディスプレイもきれいで、安価でしたのでビギナーさんにも良いのかなと思いました。使い勝手はわかりませんが、編み棒や段数リングまでありました。
f:id:resortlovermay:20180716144546j:image

私が買ったのはこのランドリーボックス!大容量で折りたたみもできるから、コンパクトにもなる!ポリエチレンで軽量、とても使い勝手が良いです!大きさは2サイズあり、1,000円ほどでした。
f:id:resortlovermay:20180716144722j:image
f:id:resortlovermay:20180716144733j:image
f:id:resortlovermay:20180716144745j:image

店舗敷地内の正面に小さなバンで営業しているカフェがあり、外国人の多い土地柄でも対応できる、英語堪能なお姉さんがひとりでやっていました。アイスハーブティーをオーダーしましたが、注文を受け茶葉から作るもの。とても丁寧で良いなといった印象!暑い夏にピッタリでとてもさっぱりしました。
f:id:resortlovermay:20180716152643j:image

シンプルでシックな色使いやデザインが可愛い雑貨ブランドだと思いました。ご家族が高校生以上のお子さんと訪れたり、女子同士で、楽しいですよ!シンプルなので男性にも良いかも。

高幡不動尊のあじさい 2018

高幡不動尊あじさいを見に行ってきました。花の状態だと、あともう1週間早ければもっと良かったのですが、お天気のなか楽しむことができました。
f:id:resortlovermay:20180624203418j:image
f:id:resortlovermay:20180624204508j:image

境内に入ると色とりどりのあじさいが!こうやって写真からも涼しさを感じるのは、色合いからですね。
f:id:resortlovermay:20180624204652j:image
f:id:resortlovermay:20180624204735j:image
f:id:resortlovermay:20180624225250j:image
f:id:resortlovermay:20180624225323j:image
f:id:resortlovermay:20180624225355j:image
f:id:resortlovermay:20180624225426j:image

ピンクのアナベルは初めて見ましたが、色がとてもキュート!
f:id:resortlovermay:20180624225450j:image

こちらのあじさいはこの時期、一番の涼しげさを感じるものでした!
f:id:resortlovermay:20180624225515j:image

初めて見るあじさいは花のシェイプが少し南国を感じる!
f:id:resortlovermay:20180624225610j:image

でもね、高幡不動尊ってとても大きなモミジの木がたくさんあって、秋の紅葉のときはどんなに素晴らしいのかと思うほどでした。もしかしたら、あじさいよりもおすすめなのかも!小川のコケは涼しさを語ってました。

f:id:resortlovermay:20180624225737j:image
f:id:resortlovermay:20180624225847j:image
f:id:resortlovermay:20180625135030j:image
不動尊の手前にある、"開運そば"で天ざるを食べて帰りました。(1,300円)天ぷらもふっくらと上手に揚げられていて、お蕎麦も東京で食べるにしてもなかなか美味しくて、よかったです。暑い1日でしたが、疲れが取れる思いでした。お昼時は行列でしたので人気なのですね。向かいにある天丼の店はずっと行列でしたので、ここも気になりました。
f:id:resortlovermay:20180624230344j:image
最後に、高幡不動尊あじさいを楽しむには、境内の左側に行くと八十八ヶ所入り口があり、皆ここに流れるみたい。ここは四季の道に合わせてあじさいがあり、行きがちなのですが、ものすごい坂が多くてお年寄りや足に自身のない方は難しいかも。また、鎌倉などに行かれたことのある方は、あじさいに感動が薄いかもしれません… ですが、問題のない方は頑張って登れば五重塔を見下ろしたり、多摩地区の丘の風景が見れますので、そんな楽しみもあると思いました。

それよりも正面に向かって歩いていき、奥殿のほうからあじさいを楽しんだほうが、足元がフラットで良いと思いました。
f:id:resortlovermay:20180625133603j:image
f:id:resortlovermay:20180625133631j:image
f:id:resortlovermay:20180625133706j:image
高幡不動尊京王線特急列車に乗れば30分程度。駅からも近く、参道の鳥居をくぐり、途中に楽しめる店も少しありました。